ブライダルインナーって?

ブライダルインナーって普通の下着とどう違うんだろう?

持っている補正下着じゃダメなの?

さて今回は、こんな声にお応えしていこうと思います。

目次

ブライダルインナーについて

ブライダルインナーとは?

普段の下着とは違い、ドレスを着用するために専用に作られた下着です。

普通の補正下着は身体のラインを美しく保つのが目的ですが、ブライダルインナーはドレスを美しく、スタイル良く着こなすことを重視して作られた専用の下着なので用途が違います。具体的にお話しすると、ブライダルインナーは特殊な立体裁断パターンを使用しているため、バストを高い位置にキープし、ウエストを細く見せるためのヒップを作り、全体的にメリハリあるボディラインを作り出してくれます。

また、ドレスが落ちてこないように滑り止め効果や吸水性が高いものも多いので、安心して着用できます。

ブライダルインナーの種類

・ブラジャー(上)

バストを高い位置で持ち上げてデコルテを綺麗に見せてくれます。

普通のブラジャーと違い、アンダー部分は少し長く、前部分には補正のための芯が入っています。

・ウエストニッパー(中)

ブラジャーと組み合わせて使う、ウエストに巻くものです。

多数のホックでウエストを締めるので、バストラインがより強調されて美しいくびれを作ります。

・ビスチェ(上中)

ブラジャーとウエストニッパーが一体化したような下着です。

補正力はブラジャーとウエストニッパーでわかれてるものより劣りますが

バストとウエストの補正をこれ一枚でしてくれる優れもの。

マタニティ用のブライダルインナーはほとんどがビスチェタイプで

サイドが編み上げになっており、お腹の大きさで調整できるようになっています。

・ガードル(下)

お尻の位置を持ち上げて、お腹も引き締めて見せる下着です。

ロングガードルなら太ももも引き締めるので下半身のシルエットが美しく見えるます。

・フレアパンツ、ペチコート(下)

こちらは補正効果はありませんが、下着の上から着用します。

ブライダルインナーの購入時期

ドレスショップに試着へ行く際に、用意して行かなくては?とお問い合わせいただくこともありましたが、

試着の段階では、ドレスショップの貸し出しがある場合がほとんどです。

購入時期は、ドレスが決まったあとが良いでしょう。

というのも、ドレスによってインナーとの相性があります。

ビスチェの背中の開き具合ではインナーが見えてしまったりします。

Aラインやプリンセスラインのドレスの場合は下のインナーはフレアパンツやペチコートでいいのですが

もしもスレンダーラインやマーメイドラインになった場合ガードルが必要になります。

ですので、急いで購入する必要はありません。

購入方法

多くの方はドレスショップで提携するメーカーのブライダルインナーを勧められて購入すると思います。

その方がサイズも見てもらえて、ドレスとも合わせられるので安心です。

しかし最近では通販やオークションなどで購入する人も増えてきました。

その場合注意していただきたいのが試着後の返品が可能かどうか。試着は最も重要です。

試着後の返品が可能であれば、一度購入したブライダルインナーを持って決定したドレスを試着しに行くことをおすすめします。

購入後の重要ポイント!

購入はドレスが決まった後とお話ししましたが、購入後は当日までそのまま、、、なんて声も。

しかし、絶対にそのままにしないでください。

当日初めて着用という方、緊張のなか長時間の締め付けで体調が悪くなられる方もいらっしゃいます。

購入後は必ず1~2度は洗濯をして、何度か着用してみてください。

洗濯することでノリが取れ、吸水性が高くなります。

そして日常生活で短い時間からでも構いません、何度か着用することで肌馴染みが良くなり、締め付けにも慣れてきます。

それだけで当日のフィット感、着心地はだいぶ変わってきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次