お悩み体型別ウェディングドレスのおすすめデザインとは?


いざ試着しようと思うけど、気になる部分がカバーできるドレスって何だろう?

気に入ったドレスがしっくりこないのは体型にあってないから?

そんな声をよく耳にします。

今回はそんなお悩み体型をカバーするウェディングドレスのおすすめデザインを

パーツごとに紹介していこうと思います。

目次

お悩み体型5種別ウェディングドレスデザイン

1.背が高いor低い

背が高くて悩んでいる方はその魅力を活かすマーメイドラインやスレンダーラインがおすすめです。

ボリュームのあるドレスにしてしまうと存在感がかなりでてしまうので

スッキリとしたマーメイドラインやスレンダーラインでスタイリッシュにするといいでしょう。

背が低くて悩んでいる方は、逆にボリュームのあるプリンセスラインやAラインがおすすめです。

上半身をスッキリみせてスカートで広がりを出すことで存在感が出て華やかさがアップします。

2.顔を小さくみせたい

ウェディングドレスの際は髪形をアップにされる方が多いと思います。

その際、少しでも顔を小さくみせたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合は、ドレスのラインはプリンセスラインやAラインでボリュームを出してドレス込みの全身の印象を与えて

尚且つ、胸元のデザインはハートカットやVネックで決まり!!
ハートカットは胸元の曲線のデザインでお顔周りをスッキリと、Vネックは胸元にシャープな切込みが入るので

スマートな印象を与えてくれます。

3.首が短いor長い

普段、露出を控えてる方もドレスを着る際に改めて鏡を見て気になさる方もいらっしゃると思います。

首元の印象を左右するのは胸元のデザインです。

首が短く感じる場合はハートカットやVネックを選ぶことであごからドレスのネックラインまでの距離を稼ぎます。

首が長く感じる場合は、ハイネックやラウンドネックを選ぶとデコルテの開きが浅く、程よく首を隠せるため

間延びしてしまうのを防ぐことができます。

3.肩幅・いかり肩・なで肩

肩幅が広い方はオフショルダーがおすすめです。
袖に視線を散らすことで肩幅の広さが際立たせないことができます。
また肩幅が広い人は鎖骨がキレイな人が多いので、あえて鎖骨をしっかりと見せるデザインで
顔周りもスッキリとさせてスタイルアップ効果に繋げましょう。

肩幅が華奢で気になる方はボリュームスリーブがおすすめ。
ボリュームスリーブは、華奢な肩回りをカバーしてくれる効果があります。
ふわっとした袖口が女性らしい優しい印象も与えてくれるドレスです。

いかり肩は隠して目立たなくしようと考える方が多いのですが、ビスチェタイプにして

隠さずに潔く出してしまう方がスッキリと綺麗に見えます。

なで肩の方にはオフショルダーが似合います。サイズがピッタリならずれ落ちる心配もありません。

もしくは袖がパフスリーブになっているものを選んだり胸元に大きな装飾があるといいでしょう。

4.二の腕

二の腕の悩みは一番多く聞きます。

気にして隠したいという方が多いのですが、隠そうとするとかえって目立ってしまうことが多いです。

まずはビスチェタイプのドレスを着てみつつ、やはり袖があるものを試す際は

半袖や七分袖のチュールやレースのふわっとした素材を選ぶといいでしょう。

5.胸

胸が大きい方は肌が出るドレスへの抵抗を強く持たれる方も多いと思います。
隠したい方も多くいらっしゃると思いますが、首まで詰まったデザインのドレスは逆に胸元を強調してしまうことも。
だからこそ、デコルテ周りを見せるハートカットやストレートビスチェのデザインがおすすめ。
また、ドレスには刺繍やビジューなどが施されているものであれば、胸元への視線を回避できます。

胸の小さい方には胸元に大きなリボンやお花やギャザーがあるものを選ぶと華やかな印象になります。

鎖骨周りを隠す、腕から胸元までしっかりとカバー力のあるオフショルダーや

デコルテ周辺が覆われているハイネックもいいでしょう。

窮屈に見えてしまいそうなら首回りが透け感のあるシースルーやレースのドレスを選べばエレガントな印象になります。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次