カラードレス*カラー別の特徴やイメージ


目次

カラードレスの色ごとの特徴やイメージ

お色直しや2次会でカラードレスを選ばれる方もいるでしょう。

選ぶ色で印象はかなり変わります。

ウェディングドレスとドレスの形を変えるのもおすすめですが、

カラードレスは色も一つ一つ違い、またデザインもそれぞれ違ってきますので

ドレスのラインをあらかじめ絞ってしまうと選ぶのが難しくなってしまいます。

今回はカラー別の印象やカラードレスを選ぶ際のポイントをお話ししていこうと思います。

カラー別の印象

ピンク・レッド

年を通して一番人気なのがこの暖色系です。

もちろん濃淡で変わってきますが

ピンクは可愛らしい、優しい、柔らかい印象になります。

レッドはシック、大人っぽい、上品な印象になります。

ブルー・パープル

寒色系、特に水色は夏に人気のカラーです。

淡いブルーやパープルは可愛らしい、可憐、爽やかな印象になります。

紺や濃い紫は落ち着いた、クールで品のある印象になります。

イエロー・オレンジ

ビタミンカラーですね、種類は少ないと思いますが

イエローは楽しい、幸福、親しみのある印象になります。

オレンジは楽しい、温かみのある、家庭的な印象になります。

グリーン

寒色でも暖色でもない中間色であるグリーンは自然体・穏やか・爽やかで見る人を落ち着かせ安心させるカラーです。

その他

珍しい色でいうとブラウンも好評でした。バレンタインの時期やクリスマスの時期によく出ていました。

バレンタインの時期はブーケなどをピンクやイエローにして可愛らしく、

クリスマスの時期はブーケなどを赤にして大人っぽく落ち着いた印象に。

他には、和装と迷われた方は着物の生地でできた和ドレスも人気でした。

その場合、ご新郎様はお色直しで袴紋服にするとお二人の印象がとっても変わり、ゲストの方の記憶に残ること間違いなしです!

カラードレスを選ぶ際のポイント

カラードレスで重要なのは腰から上です。

なぜならほとんどの時間を高砂に座っていることになるからです。

胸元のデザインやアクセサリーが重要です。

アクセサリーはパールのものよりもキラキラ光るもののほうが照明映えします。

披露宴入場時にスポットライトを浴びるととっても華やかになるので、ウェディングドレスをパールの多いものにして、カラードレス時はキラキラした大ぶりのアクセサリーにすると印象がガラリと変わるでしょう。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次