ウェディングドレスの選び方


目次

ドレスのラインは5種類!

大きく分けて全体のドレスラインは5種類に分けられます。

その中で、まずご自身が好きなラインや理想のイメージで選びましょう。

Aライン

ウエストから裾にかけてスカートがアルファベットのAのように裾に向かって広がるシルエットラインのこと。

そのためウエスト位置が高く脚長効果があり、比較的どんな体系の方でも似合います。

また、裾が長いロングトレーンのデザインのものも多いのでチャペルでの挙式にとても映えます。

プリンセスライン

Aラインに比べ、ぎゅっと絞ったウエストからラインが切り替わり、スカートにボリュームがあります。

パニエでふんわりとボリュームを出すととてもエアリー感が出ます。の可愛らしく華やかなプリンセスをイメージさせる、正統派のドレスデザイン。

マーメイドライン

マーメイド(人魚)のように女性らしい曲線美を引き立てるシルエット。

上半身からヒップにかけてボディラインに沿ったタイトなデザインで、ひざ下あたりからスカートがフレアに広がります。

大人っぽいデザインなので背の高い方やメリハリのある体型の方が特に似合います。

おしりのボリュームを出すためのヒップパットを使えば、曲線美に自信がない方も理想の姿に近づけるかも。

スレンダーライン

身体にフィットする、Iラインとも呼ばれるストレートなデザイン。

マーメイドラインのようにタイトではないシンプルなシルエットなのでシンプルでスタイリッシュなイメージになります。

エンパイアライン

胸下から切り替えがあり、スカート部分が多いデザインが特徴。

ウエスト位置が高いので、足が長く見えます。

個性的な印象にするのにもおすすめです。

ウェディングドレスを選ぶ際のポイント

ウェディングドレスで重要なのは後ろ姿です。

なぜなら挙式中は参列者の方が一番多く見るのは後ろ姿

トレーン(引き裾)が豪華なものがおすすめですが会場によっては限界があるかもしれません。

取り外しができるものもあるので挙式と披露宴入場で変えてみたり、

後ろの長さが短いものはロングベールでボリュームを出すのも◎

バージンロードでフラワーシャワーを浴びて花びらが乗った後ろ姿はとても華やかです。

正面はブーケで個性が出ます。ウェディングは白の花ではないといけないなんてことはありません。サムシングブルーでもピンクでも、なんでもいいのです。かっこよくカラーを束ねただけのブーケも魅力的です。

あとはネックレスやティアラで顔回りを華やかにするといいでしょう。

ウェディングドレスの色味ですが大きく分けて純白・オフホワイト・アイボリー(ベージュ)

この三種類ですが、日本人の肌に馴染みやすいのはオフホワイト~アイボリーです。

純白もキレイですが写真を撮った際に肌が少し暗く映ってしまうことがあります。

挙式時と披露宴入場時で雰囲気を変えるのも一つの案です。

お色直しをしない方は中座がないのでゲストとたくさん過ごせます。

その場合、挙式時のヘッドドレスはティアラ、ネックレスとイヤリングはパールにして

披露宴入場時はヘッドドレスをお花にし、ネックレスとイヤリングをキラキラのものにするといいでしょう。

2wayタイプのドレスだと尚、変化を楽しめますね!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次