色打掛の選び方

今回は和装の中でも1番人気、色打掛のお話をしたいと思います。

お色直しでカラードレスではなく和装を選ばれる方もいらっしゃるかと思います。

ご新婦様の和装姿はもちろん、ご新郎様の袴姿は見違えること間違いなし!!

再入場時に番傘を持って入場も風情がありますね。

目次

選び方のポイント3点!

1.納得いくまで色々試着してみる

打掛は何から試着するか悩まれる方も多いですが、実際に見る印象と羽織ってみる印象は異なるので

普段なら選ばない色でも、気になった色や柄の打掛は一通り羽織ってみることをお勧めします。

試着の際は必ず正面の全身写真、上半身の写真、後ろ姿の写真は必ず残してください。

あとで見返すと客観的に見れるので実際に着ているときの自分の印象と変わるでしょう。

2.顔映りがいいものを選ぶ

やはりゲストの方含め、写真に多く残るのはお顔回りのお写真です。

顔映りがいいものを選びましょう。刺繍襟や打掛の下に着る“掛下”の色でも印象は大きく変わります。

3.後ろ姿も要チェック!

打掛の場合は帯を締めた着物の上から羽織るので帯があることにより、背中の部分が丸く膨らみ強調されます。

そのためこの部分に多く華やかなモチーフが配置されている場合が多いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次