MENU

ウェディングドレス

ウェディングドレスで重要なのは後ろ姿です。

なぜなら挙式中は参列者の方が一番多く見るのは後ろ姿

トレーンが豪華なものがおすすめですが会場によっては限界があるかもしれません。

取り外しができるものもあるので挙式と披露宴入場で変えてみたり、

後ろの長さが短いものはロングベールでボリュームを出すのも◎

バージンロードでフラワーシャワーを浴びて花びらが乗った後ろ姿はとても華やかです。

正面はブーケで個性が出ます。ウェディングは白の花ではないといけないなんてことはありません。サムシングブルーでもピンクでも、なんでもいいのです。かっこよくカラーを束ねただけのブーケも魅力的です。

あとはネックレスやティアラで顔回りを華やかにするといいでしょう。

ウェディングドレスの色味ですが大きく分けて純白・オフホワイト・アイボリー(ベージュ)

この三種類ですが、日本人の肌に馴染みやすいのはオフホワイト~アイボリーです。

純白もキレイですが写真を撮った際に肌が少し暗く映ってしまうことがあります。

挙式時と披露宴入場時で雰囲気を変えるのも一つの案です。

お色直しをしない方は中座がないのでゲストとたくさん過ごせます。

その場合、挙式時のヘッドドレスはティアラ、ネックレスとイヤリングはパールにして

披露宴入場時はヘッドドレスをお花にし、ネックレスとイヤリングをキラキラのものにするといいでしょう。

2wayタイプのドレスだと尚楽しめますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次